BaileyWorks

PHILOSOPHY

世の中は変わり、モノ作りも変わりました。でもBaileyWorksには変わらないものがあります。
私達の全てのバッグは、ここアメリカにおいて今なお手作りされています。
私達の最も大切とする所は品質であり、全てのステッチに対して責任を持ち、最も丈夫な素材を用い、一つの場所で縫い上げます。
とても丈夫でシンプル、そして機能的であること。
BaileyWorksは高品質なバッグを今なお作り続けています。

HISTORY

今から20年以上前の1993年のある日、ニューハンプシャー州はポーツマスに位置する、ある小さなお店で初めてBaileyWorksが店頭に並びました。 しかし私達のルーツはカリフォルニアのバイクメッセンジャーカルチャーに深く根差し、そこで産声を上げています。
サンフランシスコの急勾配な坂、狭い道、濃い霧やとても重い荷物、それら過酷な環境下において酷使されるメッセンジャーバッグ。
最高に丈夫で決して破れることの無い高品質なバッグが求められること、それはもはや必然でした。
数多くの聞き取りをし、サンプルを製作し、数えられない程のテストと修正を繰り返し、私達の考えるバイクメッセンジャーにとってベストなバッグが完成しました。
頑丈であることはもとより、長く背負っていても疲れることなく、簡単に荷物の出し入れを可能としてくれるデザイン。
驚くことにそれらの良く作り込まれたバッグは、バイクメッセンジャーのみならず、職業を問わず、世代を問わず、幅広く世の中に支持されることとなりました。
こうした経験と試行錯誤の末に、1993年ポーツマスにて正式にBaileyWorksはスタートしました。
18年間をそのポーツマスで過ごした後に、今現在は同じくニューハンプシャー州にあるニューマーケットという街の歴史的な紡績工場跡地に生産 工場を移しました。
会社は成長し、バッグ自体も改良を重ねられていますが、これからも最高品質のバッグをここニューハンプシャー州の自社工場からの手作りにこだわり、生産し続けていくことをお約束します。